学校便り6月号を発行しました

2024-06-04T15:56:40+09:002024年 6月 4日|

6月と言えば雨の季節ですが、雨を使った言葉がいくつかあります。昔の人は「晴耕雨読」といって、晴れの日は働いて、雨の日は読書をして立派な人間になろうと考えていました。ほかにも、「恵みの雨」という言葉を聞いたことはありませんか? 雨というとネガティブなイメージもありますが、ぜひ前向きに過ごしていってほしいです。 6月の学校だより、ご高覧ください。 学校便り③6月号pdf