「自ら考え、正しく判断し、行動できる生徒」

めざす生徒像

  1. 夢や目標に向かって努力し、いきいきと学べる生徒
  2. 集団の中で仲間と協調し、関わり合いを広げる生徒
  3. 保護者や地域に信頼され、地域に元気を与える生徒

グランドデザイン

グランドデザインはこちら(PDF)

稚心を去る

橋本左内の言葉「稚心を去る」の碑が昇降口前にあります。
~橋本 左内(はしもと さない、天保5年3月11日(1834年4月19日) – 安政6年10月7日(1859年11月1日))は、江戸時代末期(幕末)の志士、思想家、越前国福井藩藩士。号は景岳。諱は綱紀。著書に15歳の時に志を記した『啓発録』(1848年)がある。

稚心…幼い心 甘えやわがままな心。
本格的に勉学を始めなければならない年齢になっても、この稚心が残っていれば、何事も上達しない。人として成長するためには第一に稚心を去ることを願い、この碑が建てられました。